今日の何やっているの?シリーズ386

   

うちの長女が親知らずが痛いというので抜いた。
食べ物が挟まるとかほっぺに当たるということらしい。

縫合

白濁部分が所謂虫歯で腐食学では孔食と呼ばれる小さな孔の集合帯だ。
やはり酸素濃度が低いほっぺに挟まれた部分と食物が停留しやすい隣接面部分にできる。

ついでに例の削らずに治した虫歯がどうなっているか見てみた。
あれから14年経過だが、まあなんとか持っている。

ちなみに色が少し茶色い部分はその後、親の目が届かなくなる前に、透明のシーラントを充填したところです。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/post-673/

正像

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の何やっているの?シリーズ, 虫歯の電気化学説