歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その160

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ちょー久しぶりにCR充填治療です。
従来CR充填というのは、前歯部隣接面とか、臼歯部の小さな咬合面窩洞とか、
小さな虫歯というか咬合力がかからない、もしくは咬耗・摩耗し難いところ限定の治療方法だったのですが、
今は物性が向上しているので、積極的に神経を残す目的で使えますね。

今日は60代女性、自発痛+だったが、α-TCPセメント+水硬性セメント単治で痛みが収まったのを確認した後、
1週間後、CR充填しました。
インレーを除去し、フィニッシングラインのみ新鮮面を出し、露髄しそうな軟化象牙質はそのまま残す。
有り合わせの抗菌剤を少量添加したα-TCPセメントで覆髄して、通法通りCR充填しました。
詳細はここのどこか過去記事に載せていますので、ご興味のある方は検索してみてください。

IMG_1441.JPG
IMG_1444.JPG
IMG_1447.JPG
IMG_1448.JPG
IMG_1451.JPG
IMG_1453.JPG
IMG_1455.JPG
IMG_1458.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.