歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

下顎片側遊離端義歯

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

この症例は通常はもっと前の方というか、反対側まで床・維持装置(バネ)を伸ばさないと安定性が悪く、
咀嚼時に使えません。

一般的な設計はこうなります。

http://www.dent.niigata-u.ac.jp/nds/journal/322/t322_minato.pdf

うちではどうしてもコンパクトにしたいときは、コーヌス義歯や軟性素材の義歯を使います。
軟性といってもそれほどグニャグニャ曲がるわけではありません。
素材は硬めのナイロンやポリカーボネートです。

残った歯にパチンと嵌まるので、うちでは「ぱっちん義歯」と呼んでいますが、使える義歯です。
商品名は「ルシトーン」。他のメーカーもあります。
でもこれ保険が効かないのですよね。。

IMG_2302 のコピー.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.