歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

ノンクラスプデンチャーのその後

 
この記事を書いている人 - WRITER -

セットしてから1ヶ月以上調整に来られないなーと思っていたら、
突然クラスプが欠けたということでお見えになった。

左側だけが破折している。

よくお話を聞いてみると、セット直後から痛くないし、噛むのは問題なかったのだが、食べ物が左側だけ挟まりやすいので、食事中に立って洗いに行かねばならないほどだったとか。
さっさと来てほしかったのだが。。

破折片を合わせてみた。
咬合時にクラスプが開く方向の噛みあわせだったのか?
ちょっと分からない。

とりあえず短くして修理を試みた。この素材は通常のアクリリックレジンに軟性材料を添加してあるので、修理が可能だ。

修理後はこんな感じ

よく見るとハイブリッド冠の近心が欠けているので、挟まるのはこの所為か?
調子が良いと来ない方なので困る。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.