歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その161 (6)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代女性、左下7、自発痛なし。
他院にて今年の3月に水酸化カルシウムセメントで仮封して様子をみていた。
痛みは治まったが、神経の保存は無理と言われたので、うちに来院された。

うちのCR充填症例としては困難な部類ではありませんでしたが、
また痛くならない保証はありません。
確かに仮性露髄の状態でした。

他院にてCR充填ができない理由は簡単で、タービンヘッドが大きすぎて、健全歯質にアクセスできないからだと思います。
うちではショートシャンク用のミニタービンに通常のバーを装着して使用していますので、
10mm程は届きます。

通法?通り、無麻酔下で仮封セメントを除去して、
抗菌剤添加のα-TCPセメントで覆髄して、CR充填しました。

1310021507-0.jpg

_MG_0038-1.JPG

_MG_0039-2.JPG

_MG_0041-3.JPG

_MG_0043-4.JPG

_MG_0047-5.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.