歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の矯正シリーズ49 (16)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

16歳男子、 下顎左右7萌出位置異常。

このときのつづきです。

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201307270000/

8番が前の7番にひっかかって出て来ないことはよくありますが、
7番には少ないと思います。
うちでけっこう見かけるのは、子供の頃から歯列不正の矯正をしていた子が多いからかもしれません。
この子も2008年から2011年頃にかけて、前歯部のディスクレパンシーによる歯列不正をブラケットと拡大床で改善を図っていました。下の2つの画像が、それぞれ2008/08/02、2011/09/12のものです。

無理矢理大きめの歯を小さめの顎に並べたわけですから、そのしわ寄せが7番に来たのかもしれません。

左下は略正常になっていますが、右下はまだ2〜3mm低位です。
1〜2ヶ月かかりそうです。
右側の動きが遅いのは、水平埋伏の8番(親知らず)が影響しているのかもしれません。
8番は適当な時期に抜歯することが必要です。

今回気が付いたのですが、右上7番も頬側に大きく転位しています。近心頬側咬頭が見え始めました。
左上7番はすでに正常に萌えていますので、右上7番の萌出が遅いのはそれなりの理由があったようです。
すれ違い咬合、ハサミ咬合になりそうです。下から3番目の画像参照。

IMG_4265.JPG

IMG_4266.JPG

IMG_4267.JPG

IMG_4269.JPG

IMG_4270.JPG

20080202.JPG

20110912.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.