歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の2次カリエスシリーズ94

 
この記事を書いている人 - WRITER -

80代女性、左上6、67連冠の2次カリエス

連冠は脱離しにくく、神経を取っている歯は痛みがないので、
トラブルに気づくのが遅れがちだ。

こういう2次カリエスのトラブルを一般の方は見ることができないと思うので、
このシリーズを始めた。

冠を切断すると簡単に外れる。
メタルコアが入っているのだが、プラークやFeSなどの硫化物で汚れているので、何がどうなっているのかわからない。

正像

軟化象牙質、つまりリン酸カルシウムが抜けて有機物だけになっている象牙質で、これを虫歯と呼んでいるのだが、歯医者以外はなかなか見ることができない。
形だけは元の状態を保っているので、画像では判らない。

エキスカベーターで簡単にすくい取ることができる。触感はチーズや生節をカットする時の感じと同じだ。
少し取ってみた。

この時の軟化象牙質を滅菌して取り置きしているので、触ってみたい方はおっしゃってください。

正像

この後はラウンドバーで除去するが、正常象牙質はかなり失われていて、髄床底には穴が開いている。

まだまだ軟化象牙質は残っているが、腕が疲れたので、α-TCPセメントでカバーして

ルミコンで仮封して今日は終わり。
続くかも。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. kaji より:

    こんにちは。こちらのHPにはいつも勉強させてもらってます。
    お時間ありましたら相談にのっていただきたいのです。

    先日、20年以上前に治療した奥歯の銀の詰め物を、非金属に交換するために歯医者に行きました。
    特に痛みがあったわけではないのですが、痛みが出てからでは神経の治療まで行ってしまうのではないかと思ったのです。
    幸い、詰め物の中に虫歯はなく、少し汚れが付いていただけと言う事で、削る部分も少なくて済んだようです。
    ただ歯医者さんから、痛みが出るようなら神経を抜くと言われました。
    今は新しい詰め物が出来るまでの仮詰めをしてるのですが、物を噛んだ時に少し痛みが出ています。

    神経は抜きたくないし、我慢できる程度の痛みなので、このまま新しい詰め物をつけてもらおうと思っているのですが、問題ないでしょうか?
    長期的な神経の痛みが原因で抜歯になるようなことがないといいのですが・・
    よろしくお願いします。
    長文失礼しました。

    • mabo400 より:

      白い詰め物は強度的な面から歯質の削除量は多くなりがちです。
      まあ、仮封(かふう)の段階で騒いでも仕方がないので、
      セットして、1ヶ月以上不快症状が続いてから騒いでもいいのでは?
      今は心配しても仕方がありません。

  2. kaji より:

    それはまあそうですね。
    しばらく様子見することにします。

    セラミックは削る量が多くなるとは知りませんでした。
    こうなると、何を詰めるのが歯の寿命を伸ばすのに一番いいのか分からなくなってきました。

    ありがとうございました。

  3. mabo400 より:

    歯を守るには、何もしないで重曹うがいが一番。
    2番はCR充填ですw

  4. kaji より:

    奥歯でもcrで治療してくれる歯医者さんが近所にあればいいのですがねえ。

    重曹うがいにはいつもお世話になってます‍♂️

    • mabo400 より:

      CRは技術的な問題はさておいても、保険では10分程度で終わる簡単な症例を前提としているので、請求額は2000〜3000円に設定されています。小一時間かかるここで挙げている症例には保険では対応できません。まあ、ペイしないことをわざわざ練習する歯医者もいませんから、できる歯医者を探すのは大変です。
      実費ならしてくれる歯医者はいると思います。相場は田舎でも2.5万円、都市部で6.5万円が上限といったところでしょうか。

  5. kaji より:

    貴重な情報ありがとうございます。
    一度聞いてみます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.