歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その162

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

20代女性、右下7、自発痛+。前回のオープンバイトの方。
この歯しか噛まないので、壊れていきます。
クラックが入り、そこから虫歯になります。

_MG_0831.JPG

よくここまで我慢していましたね。ず〜っと痛いわけではないそうです。
でも、露髄しています。

_MG_0836.JPG

神経を取るとか面倒なので、うちではしません。
軟化象牙質も接着マージン付近しか取りません。
辺縁が封鎖されていれば、虫歯は問題なしです。
なぜなら、虫歯は感染症ではないからです。

虫歯は「虫歯の電気化学説」によれば、
「ファインセラミックスイオン伝導体」の一種である歯の主成分ハイドロキシ・アパタイトが電気的に腐食したものです。

バクテリアが多少残っていても、大丈夫。
抗菌剤を混和したα-TCPセメントで覆髄します。

_MG_0839.JPG

辺縁封鎖性はフロアラブル系のCR充填材料がすぐれています。

_MG_0840.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2013 All Rights Reserved.