今日の何やっているの?シリーズ392

   

80代女性、総義歯が合わなくて痛くて食べられない。

先週は仕事がハードだったので、疲労が溜まっていた。
お昼寝もしたけれど、まだ回復しない。
寄る年波っていうやつだろう。
連休中に回復させたいのだが。。

ま、うちは予防歯科なので、歯がない方には用がない歯医者なんだが、
たまには何を間違ったか、こういう方が来られる。
他所でこれ以上は良くならないので諦めてくれ、と言われたという。

歯が一本も無い方の画像を見る機会はなかなか無いと思うので、アップしてみます。

よく言われていることだが、歯が無くなると歯槽骨の吸収は上顎は外側から、下顎は内側から吸収するので、噛み合わせの位置(歯槽頂の位置)がだんだんずれてくるので、義歯が外れやすくなる。元々正常咬合だったのが、下顎前突のようになっているのがわかると思う。

これがその問題の義歯

下顎の前歯部を削ると、下唇により下顎義歯が内側に押される力が弱くなり、
義歯が安定しやすい。
あ、楽になった。。と言って帰られた。その後、どうなんでしょうね?
もう来られないので分からない。

今度来られたら、咬合調整します。粘膜面の当たりを取るよりは咬合面の早期接触を取る方が効果的。
義歯で悩んでおられる同業者さんはやってみてください。

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の何やっているの?シリーズ, 義歯