外傷性咬合7.2

      2018/10/02

外傷性咬合は様々な不快症状というか不定愁訴の原因になります。
虫歯や歯周病でさえ外傷性咬合が原因と言っても良いかもしれません。

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/6000/

外傷性咬合とはどういったものかというと、これまた様々なので、体系的にここで述べることなんか面倒くさい。
ま、大まかに言うと、局所的な歯並びに起因する外傷と、嚙みしめや歯ぎしりと言った、全顎的な外傷があるのですが、問題になるのは後者でしょう。

では、嚙みしめや歯ぎしりをなぜするのか?
その原因はまだ知られていませんが、歯牙や歯周組織、関連筋群に及ぼす影響は大きく、最悪歯牙が破折して失われてしまうのです。

食いしばっていることが良いことだと思い込んでいる方も結構いて、しっかり噛んで食べるのが良いとか、口元をキリリと結んでいるのが良いのだとか、食いしばることにより力が出るとか歯を鍛えられるとか思い込んでいる方も見かけます。
もちろん硬い食べ物や歯ごたえのある食べ物が好きという方もいるでしょう。
ま、これはいい加減にしておかないと、歯が壊れてしまいます。

一方、歯列接触癖(TCH)というのがあって、これはいつも上下の歯列を無意識に接触させてしまう習癖というものですが、このTCHが外傷性咬合のベースにある方は多いという印象はあります。
通常は上下の歯列は接触しておらず2〜3mm開いているのが正常とされており、顎を開け閉めする筋群がリラックスしていると下顎の重さにより上下の歯列間に隙間が生じます。これを安静空隙と呼んでいますが、咬合に関与する筋群が過剰に緊張していると安静空隙は失われ、その状態がTCHというのです。

TCHのメカニズムですが、歯根膜〜咬筋反射という無意識のうちに起こる脊髄反射があり、それが不調を起こしているとされています。歯根膜にある圧力センサーが過大な咬合圧を感じると、咬筋群の緊張を緩め、上下の歯を離す。その経路のどこかに不具合がある。

咬合というのは咀嚼運動を含めた半自動的な運動で、意識的にも無意識的にもやっています。ですから、外傷性咬合はある程度意識的に避けることができるはずです。車のバックミラーやパソコンのモニターに「歯を離せ!」と書いた付箋紙を貼っておくのも効果的です。要するに意識上に乗せることが外傷性咬合を回避する第一歩ということになります。

それでも就眠時には無意識のうちに食いしばったり、歯ぎしりしたりしてしまうわけです。

それを避けるのがナイトガードと言われるマウスピースの一種で、寝ている間に装着します。対症療法ではあるのですが、一定の効果はあります。夢の中でサンダルの底のような硬い肉だな、、と思っていたら、いや、これはマウスピースなんだ、と気が付いて、それ以来嚙みしめはしなくなった方もいます。要するに外傷性咬合が治ったわけです。

柔らかめのシリコン樹脂や硬いアクリル樹脂で作るのですが、この症例はシリコン樹脂です。

模型から外したところ

以下の方法は寝ている間ではなく、起きている時の嚙みしめを回避する方法です。
嚙みしめているときは中心咬合位でガッツリ噛んでいて、この時臼歯部に過大な外傷力がかかります。過大な咬合力がかかっても気がつかないというか自動的に歯を離す反射運動が起こらない。この経路のどこかに抑制がかかっている。
この時前歯は当たっていない人の方が多いという事実があります。

そこで前歯で当たるような噛み方をすれば、臼歯部は離開してTCHは回避できます。前歯の歯根膜センサーは敏感なので、ネガティブフィードバックがかかり、過剰に噛むということは少ないだろうという考えです。

 - 削らない・抜かない歯科治療, 外傷性咬合