歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療410(中級編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代女性、左上5、隣接面カリエス

今回は「トンネリング技法」というなるべく歯質を残すためのCRでの修復技法だ。
インレーでの修復がベストだと信じている歯科医師には辺縁隆線を残すなど無意味だろうが、なるべく削らないことを自認している歯医者なら必ず対応できるはずだ。

できないのなら、それは口だけだw
口はタダだが、これは修練が必要だからだ。

遠心窩からラウンドバーで虫歯にアクセスする

隣接面には虫歯が透けて見える

エナメル質はなるべく残して軟化象牙質を除去する

頬側面観。内部はがらんどうだ。

α-TCPセメントで覆とう

CR充填後

頬側

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 匿名 より:

    アルファTCPセメントが良く使われておりますがこれはデンツプライのものでしょうか?タイプ一とニがありますが。宜しくご教示ください。ポルケッタ

    • mabo400 より:

      type2です。直覆を推奨していない方です。でもこっちが操作性、静菌性でベターですよ。直でも問題無いし。

  2. ぽるけった より:

    ありがとうございます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.