今日の充填治療411(初級編)

      2018/10/13

40代女性、左上5、6、隣接面カリエス

成人の隣接面カリエスには外傷性咬合がベースにあるように思う。
過大な咬合力により歯牙がゴムまりのように変形し、両隣接面が押し合うことにより隣接面にクラックが入り、そこから隙間腐食が進行する。

before

5はトンネリング技法を使う。この方が仕上がりが綺麗になる。

α-TCPセメントは抗菌効果、歯質再硬化、対漏洩、歯髄保護と今のところ最強の覆罩セメントだ。
商品名はサン金の・・・Type2

after

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療, 外傷性咬合, 虫歯の電気化学説