今日の充填治療その167

      2017/03/20

20代女性、右上5、自発痛-。
触らない限り痛くはないのですが、8日前に大きく欠けてしまいました。
スジ肉を噛み切ろうとしたら、突然割れたそうです。

下のレントゲン写真は2011/02/26のもので、すでに内部に虫歯ができていますが、
1102261247-1.jpg

2012/07/26 の画像では確認できません。このときは1つ手前(向って右隣)の右上4のCR充填をしました。
長期間かかって少しずつ内部が溶けていく虫歯の原因は従来説では説明は困難なのでスルーしていますが、
虫歯の電気化学説によると、
イオン化傾向がエナメル質<象牙質だからというのと、
虫歯の内部が外部より相対的に低酸素状態になるからです。

この場合、虫歯菌の有無や酸性度とは無関係とは言いませんが、
本質的な問題ではないのです。
0724 (1)-2.JPG

仮性露髄していますが、痛みはないようですので、抗菌剤添加のα-TCPセメントで覆髄した後CR充填しました。
歯肉切除はしましたが、麻酔は歯肉だけにしかしていません。
通常は麻抜(神経を取り)後、金属冠を被せるというのが一般的な処置ですが、
長い眼で見ると、その患者だけではなく歯科医院の経営にとっても、
神経は残してCR充填で済ませる方がHappy! だと思います。

IMG_0097-3.JPG

IMG_0099-4.JPG

IMG_0100-5.JPG

IMG_0106-6.JPG

IMG_0111-7.JPG

IMG_0116-8.JPG

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療