今日の何やっているの?シリーズ404

   

13歳、女子、左上6、残根

また残根(ダメな歯)を残す3症例目です。

市内の某歯科医院で抜歯の宣告をされたというので来院された。
その某歯科医院というのは僕の高校の同級生がやっている所で、
そいつは地区の歯科医師会の会長をしている。
まあ、自分は遊んで、人を使って仕事をやらせよう、なんてことしか考えていないゴミなんだが、そういうのがこの世では出世するわけだw
今の日本(あ、世界中か?)は上から下まで、完全に腐っています。。

ま、それは置いておいて、
この娘、まだ12歳臼歯も萌えて(はえて)いないのに抜歯ですか?
これから100年近く生きるかもしれないのに?

レントゲン写真を見ても、確かに治療できる歯医者は世界中探してもいないだろう。完全に無理。保存不可能。
なんでこうなったか?、前の症例と同じで、安易に神経を取る治療をして、痛くなくなったので行かなくなった。
・・よくある。

でも、それは自己責任か?

本当は最初から神経を取ろうなんて思うのが間違いなんだが、
誰もそうしない。
歯医者は神経を取る治療ができるようになったら一人前と言われるw

神経を取って冠を被せて、なんぼ、そういう世界だからだ。
安易に歯医者には近づかない方が良い。
世界中の歯医者はそうだと思っても良い。

ここは匿名ブログだから本当のことが言えるわけだw

基本、僕はどういう状況でも歯を抜こうとは思っていない。

うちでは歯を削らなくても済む治療法を実践している。

うちでは神経を取らなくて済む治療法を研究しているし、

歯を抜かなくても済む治療法をあれこれ試行錯誤している。

今現在世界中で流布している西洋医学的な発想を無視しているように見えるが、
残せるのなら、どっちが良いか明らかだろう。

・・治療途中らしく、ストッピング(よくある細菌入りまくりの仮封材)で仮封してある。

外すと腐敗臭が辺りに漂う綿球が押し込んであった。

しかも破折線が見える。99.99%の歯医者の目には絶望的に映る。

実像

とりあえず、綺麗にし、根管内は超音波洗浄して、

α-TCPセメントで根管口を塞いで、

CRを築成。
世界中の99.99%の歯医者さんはこれを見て何が起こっているのか理解できないだろう。
これで様子見だが、1週間後お母さんに訊いてみると、その夜痛みが出たので、手持ちの痛み止めを飲ませたらよくなったとかw

たぶん続く

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の何やっているの?シリーズ