今日の2次カリエスシリーズ98

   

50代女性、右下7、ゴールドインレー二次カリエス

別にゴールドだから虫歯にならないか?というとそういうことはない。
やはり二次カリエスにはなる。

しかし、それなりのチャージをいただくわけだから、
教科書通りの丁寧な仕事ができるということだ。

このインレー、セメントはとっくに崩壊していて、インレー内面もFeSで汚れていた。
金属修復物の多くはセメントが効いていないが、虫歯になっていないものが多い。
現在の歯医者は忘れているが、元々インレーはセメントがまだ未発達、もしくは無かった時代の修復方法をそのまま踏襲しているのだ。
FeSを代謝する嫌気性細菌が生息できる程度の隙間なら虫歯にならない。

簡単に外れたが、ちゃんと裏装セメントがしてあって、
内部まで二次カリエスは進行していなかった。

裏装セメントを除去すると、覆とうセメントもあった。
神経に近い場合、神経を保護する目的で使用される。

白のセメントは僕がしたα-TCPセメントだ。
クラックが見えるので、そのうち破折するだろう。

CR充填後

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の2次カリエスシリーズ, 虫歯の電気化学説