今日の抜歯再植術シリーズ96.03

   

40代女性、上顎左右7、外傷性咬合による歯根破折

噛むと痛い、口臭がひどいという症状で、
かかりつけの歯医者さんで、このまま様子を見るが、抜歯するしかないだろうと言われたので、
うちに来られた。

口コミでうちに来られる人が増えた感じでもあるのですが、
明らかに外傷性咬合が増えましたね。
この20年ほど、他国はGDPが2倍に増えている中、日本だけが減っているという奇怪な政治・行政が行われていますし、
まあ、将来的にお先真っ暗ですからね。
外傷性咬合の原因解明には社会心理学からのアプローチも必要でしょう。

前回のつづきです。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/post-29801/

頬側遠心根は割れているだけではなく、歯槽骨に収まっていなかったので、使えず。

結局使えるのは口蓋根とすでに抜かれていた(というより破折片を除去していただけ)頬側近心根の一部が付いている破折片だけ。

頬側近心根の一部はカットした。要するに口蓋根だけしか使えない。

綺麗にして、内面にディンプルを形成し、既製のポストのサイズを選ぶ。

特に根尖口は

綺麗にして

充填する。

既製のポストを足がかりにして再建していく

ポストを把持しながら支台歯を作り込む

用意ができたら

生食水中で保存

その間に抜歯窩を搔爬し、生食水で洗浄、連結部を整える。

つづく

 - 今日の抜歯再植術シリーズ, 外傷性咬合