歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の何やっているの?シリーズ409

 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代女性、右上7、2次カリエス、歯牙破折

これもDHがPMTC中に見つけて、マージンに隙間があるので、見て欲しいと依頼があった。
僕の仕事はDHのしもべというか、下請けというか、そんな感じだ。

この症例も、通常なら抜歯なのだが、患者は何も知らない。
クラックを見せても、理解しているのかどうか分からない。
裏を返せばどうにでもなるということだ。
悪魔に魂を売り渡せばの話だが。

簡単に除去できた。内部は広範囲に2次カリエスになっていて、クラックも入っている。

冠はコアと一体になっていて、コアも随分前に脱離していたようだ、隙間は硫酸鉛還元細菌の住処になっている。
代謝産物のFeSで真っ黒だ。

軟化象牙質を可能な限り除去すると、

完全に離断しているのがわかる。

クラックもCRで固定して、再度破折しにくいように、
咬合力が内側に向くピンレッジドラウンドコアにした。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.