歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ98.01

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代女性、左上7、歯牙破折

ナッツ類が好きということで、いつの間にか割れていた、らしい。

なんか多いです。自分の歯を噛み割る人。。
嗜好の問題、これも外傷性咬合の一形態ではあるのですが、
歯根膜〜咬筋反射と言って、強すぎる咬合力を歯根膜が感じたら、反射的に口を開ける仕組みに変調をきたしているのではないだろうか?

外傷性咬合の問題はよく分からない世界で、その方の習癖やメンタル的な要素が強い。
一歯医者がこういう領域に踏み込んでしまうわけにはいかないが、
なんとか上手くコントロールしてほしいと思う。

割れた歯根は2つの大きなパーツを使うことにして、
軟化象牙質を除去するだけではなく、内面を一層軽く削除して綺麗にして、パーツがお互いにアンダーカットになるようなディンプルを根管内壁部分を利用して形成しておく。

綺麗にした歯牙は◯ーパーボンドで接着し、根管口もしっかり充填する。

歯冠部分は

CRも使って再建する。

準備ができたら

抜歯窩は膿瘍掻爬、生食水で洗浄し、隣接歯の接着面は◯ーパーボンドを一層塗布しておき、
抜歯歯牙の接着面にも同じ処理をして、一挙に挿入固定する。

側方面観

包帯して投薬

つづくかも。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.