歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

歯周病って、なに? (1)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

歯周病ってなんだろうか?
ケッコウ解りにくいですよね。。
昔の人にはあったのだろうか・・?
虫歯と同じで贅沢病なんだろうか・・?

ここにも画像出しましたが↓
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/200802030000/
昔の人にもあったようです。
ある程度長生きすれば、といっても40歳くらいですが、
珍しい病気ではなかったようですね、
この画像は弥生時代の人骨です。
歯周病で歯槽骨が失われ、露出した歯根が虫歯にもなっています。

たしか万葉集にも「次々と歯が抜け落ちて、寂しい。。」といった内容の歌がありました。
別に贅沢病というわけではないようです。。

詳しくは過去ログを読んでいただくとして、

ごく大雑把に言うと、
免疫細胞は歯周病菌の廃棄物(LPS)を検知できるが、
歯周病菌は隠れ蓑を持っているので、
どこにいるかも分からず攻撃できない。
仕方ないので、
免疫細胞はそのあたり一面に抗腫瘍物質(抗がん剤?)などを撒き散らす、
歯周病菌はやはり隠れ蓑のおかげでやられないが、
自分の細胞・組織の方がやられる。。

という事のようです。

要するに、自分が自分自身を攻撃している。
自己免疫疾患のような状態になっているわけです。
でも自己免疫疾患と違うところは
歯周病菌が少なくなれば、歯周病は止まるという点です。

なんだか、免疫力が強い人程、歯周病もひどくなる。。。
そんな印象を受けます(私見)。。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2008 All Rights Reserved.