今日の充填治療その196 (3)

      2017/03/20

8歳男子、左下6咬合面エナメル質破折。接触痛+。
お母さんが仕上げ磨きをしていたら、痛がるので気が付いた。
だそうで、虫歯と言うよりはエナメル質が剥がれたという印象を受けました。
正常な象牙質がむき出しになっていて、軟化象牙質はない。要するに虫歯ではない。

IMG_1865.JPG

この子は他の歯にもエナメル質形成不全があって、
エナメル質が弱いので、Dent-Enamel junction からエナメル質が剥がれた印象を受けた。
虫歯が無いわけではなく、虫歯も進行している。右下6の咬合面はDD99、上顎6番はDD40程度。

IMG_0003.JPG

エナメル質の形成不全部分を削徐して、

IMG_0004.JPG

CR充填した。

IMG_0005.JPG

他の6番もpHコントロール(重曹うがい)だけでは虫歯の進行(エナメル質の損傷)を防ぐことは困難だと思われ、
早期のCR充填治療を視野に入れている。

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療