歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の何やっているの?シリーズ104

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代男性、左上1、自発痛+。
1ヶ月程前から、冷水痛、温痛と症状が進行して、ついに痛くなったので来院された。
レントゲンでも特に異常はなく、

2014/11/11
1411111044.jpg

電気診では歯髄反応±だったが、
外傷性咬合(噛み合わせると動く)があったので、
咬合調整をして様子を見た。

_MG_0061.JPG

1週間後、歯根尖付近に圧痛を感じるようになったので、
歯髄が壊死してると判断して、
歯髄を開けて見てみた。

_MG_0064.JPG

やはり歯髄は壊死しています。

_MG_0067.JPG

Kファイルで根管を#45まで拡大して、次回根管充填予定。

_MG_0073.JPG

咬合性外傷で歯髄が壊死する原因は歯根尖付近の血管が損傷を受け血栓ができ、
それが抹消である歯髄の血管に詰まるためだと思う。
脳梗塞と同じ。
歯髄梗塞と呼べばよいと思いますが、
まだこの言葉はないようです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2014 All Rights Reserved.