歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の歯周病管理 (12)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

タイトルを新設してみましたが、続きますかね?
歯周病治療は担当ではないのでしませんが、管理はします。

前回まで義歯を作っていた患者さんの基礎データです。
初診時と管理に入ったときの画像とデータを貼っておきます。
コメントはあとで。

2014/08/08
1408041614.jpg

IMG_6732.JPG

IMG_5689.JPG

2014/11/18

IMG_1335.JPG

IMG_5690.JPG

この患者さんは60代男性、重度歯周炎。
8/8の来院で、歯周病治療を始めました。
虫歯の治療をして、T-FIXして全額SRP、
歯周外科は痛いだけで無意味だろう(儲かるけれどw)と判断してSRPだけで初期治療を終わった。
虫歯の治療の画像もありますが、気が向いたらアップします。

SPT( Supportive Periodontal Therapy)という歯周病管理に入ったので、義歯を作ることにした。

でもその前に右下4の金パラの冠はAgの冠に換えて接着剤が効くようにした方がよかったかもしれません。
金パラは接着剤はあまり効かないのでT-FIXがすぐに外れます。
必要があればしようかと思いますが、奥歯はこの歯だけなので、過重負担になっています。
義歯で過重分散を図れば、必要ないかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 茶太郎 より:

    https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1355232437847827&id=243958208975261
    “一方で、カンジダ菌種が間違いなく、歯周ポケット内でバオフィルムを形成し、内在する歯周病の炎症を憎悪させ、限りなくカンジダ菌血症のリスクが高くなることは間違いのないことで、治療方法でナイスタチンなどの抗真菌薬を使うか否かの是非は別として、歯周病の予防アプローチとしてカンジダ菌のコントロールを患者に啓蒙することは重要”

    先日、歯医者で衛生士の方と話したのですが、経験上、歯周病の人って、唾液がさらさらしていないで、ねばっとしていることが多い、と聞きました。

    ジンジバリスやスピロヘータの原因菌が、口腔内で少ない場合、カンジタの歯周病原因説も、いまだに捨て切れません・・・。

    今は落ち着きましたが、自分、きちんと歯磨きしているのに、歯周病になったもので、疑問が残ります。

    余談でした。

    • mabo400 より:

      実は唾液検査のミュータンス菌の培養キットでカンジダ菌が培養できる(図らずもできてしまう)のですが、
      出る方は思ったほどいません。新患さんは全数行っているのですが、
      出るのは2〜30人に1人くらいです。
      歯周病の方は初期の方を含めると100%に近いので、
      原因菌の1つかもしれませんが、決めつけるにはかなり弱いと思います。
      カンジダ菌が出る方の歯周病が極端に悪いということもないです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2014 All Rights Reserved.