歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の矯正シリーズ61

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

13歳男子。

上顎劣成長、上顎左右2番先天欠損。

4年前の9歳の時、前歯が萌(は)えるのが遅いというので、
お母さんが心配して来院された。

普通は6〜7歳で萌えるのですが、9歳はかなり遅い。
身体も小さいし、お母さんはとても心配していました。

2010/04/05
20100405.JPG

拡大装置を入れたり、チンキャップやFKO機能付き拡大装置やらいろいろしました。
お母さんが上顎の拡大装置を広げ過ぎて、顎は拡大せず、奥歯が外側に傾斜してしまったり、
まあ、そのお気持ちは解ります。

その悪戦苦闘のプロセスは完全終了時に時系列でご紹介できるかもしれません。

これ以上は床装置では困難と判断して(最近こういうのが多い?)、
上顎だけブラケットを付けて、歯列拡大と左右の欠損している2番のスペースを確保する方向で処置を始めた。

2014/08/20
20140820.JPG

で、今日。少し広がってきたので嬉しい!僕が。
先天欠損部位には成長が止まったらダミーを接着しようと思っています。
まあ、儲けたい歯医者さんはインプラントを薦められますかね?
それもいいかもしれませんね。
うちでやってみようかな?
インプラントはこういう先天欠損の前歯には良いと思います。ブリッジはダメですよ。

2014/12/03
20141203 (5).JPG

016” 左右1〜3間オープンコイルスプリング、右上4〜5パワーチェイン、タイバック。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2014 All Rights Reserved.