歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の矯正シリーズ63

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

11歳男子、左上5口蓋側転位、右上3唇側転位。

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201407130002/

この時のその後です。
5ヶ月でこんな感じです。

この子は小さいときから床装置で歯並びの管理をして来たのですが、
床装置では時間が掛かり過ぎるか、ちょっと無理か?と判断し、
ブラケット治療に切り替えた。

最近こういう症例が多い。

正面観

IMG_0517 のコピー.JPG

右上の口唇の内側に縫合糸が見えますが、
これは複雑に曲げたワイヤーが迷入したので、
局所麻酔下で切開して取り出したからです。
こういうことはままあります。

上顎咬合面観

IMG_0515 のコピー.JPG

終わった頃にまたご紹介するつもりですが、
この子の小さいときの治療経過も興味深いものがあります。
今日は明日セットのCKを作らないといけないので、
ちょっと忙しい。
その内機会があればご紹介します。

障害というほどではないのですが、
ほんのちょっとだけふつうではない、
歯胚の位置異常というか、
萌出時期のずれというか、
長年診ているとアレ?っと思う、どことは言えないが、
ちょっとした不調和の積み重ねというか、

長期管理をしていくと、
そういう子供は一定数います。

歯科矯正テクニックがあれば、
ほんのちょっと?だけ神様のお手伝いをして、
機能障害を改善することができます。

人為的なテクニックはそういうふうに使うべきでしょうね。。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2014 All Rights Reserved.