今日の充填治療その217

      2017/03/20

30代男性、左下7、CRにクラック出現。

この症例は、去年の1/15に休日診療で来られて、
その場でCR充填をしたものと思われますが、
カルテで確認していません。

もしそうなら1年程しかもたなかったことになりますが、
それには理由がありそうです。

画像を見ていただけると分りますが、
左隣の6番のメタルインレーの表面が荒れているので、
硬い物が好みか、外傷性咬合(くいしばり)があるように見えます。

IMG_0846.JPG

取りあえず、CRを除去して、
α-TCPセメントが多過ぎて、
CRが過剰な咬合力に耐えられなかった可能性もあると思い、
少し削除した。

IMG_5333.JPG

充填後

IMG_5334.JPG

咬合調整すると、
クラックが入っていた部分は下顎の側方運動時に干渉することが判りました(青のマーキング)。
これもクラックの原因になっていたのかもしれません。

IMG_6401.JPG

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療