歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の矯正シリーズ67

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

15歳女子、左下7低位。
子供の頃から拡大装置を使って矯正治療をしていました。
全顎の写真はそのうち公開できるのではないかと思いますが、
いろいろな事情で完全にきれいな歯並びにならなかった子供達は少なからずいます。
デスクレパンシーの改善のため顎を拡大すると確かに歯並びは改善しますが、
一番最後に萌える7番の萌出スペースが足りなくなってしまうことがあるのです。

IMG_0915.JPG

この場合は通常ブラケットで引っぱり出すのが一番早くて簡単です。

IMG_0917.JPG

ワイヤーは014”で67間のUループにオープンコイルスプリングを挿入するのがコツです。
持続的な矯正力が得られますので、矯正期間が短くて済みます。

IMG_0916.JPG

装着後

IMG_0920.JPG

補足ですが、6〜3はT-FIXしています。こうしないと反作用で振られます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2015 All Rights Reserved.