歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その229

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

このところ労働強化をしているので、
忙しくて記事をアップする時間がなかなか取れません。
たくさんあるのですが、今日は1症例だけ。

30代男性、右下4、遠心隣接面カリエス、自覚症状なし、
歯冠内部の象牙質は溶けてしまってなにもありません。
エナメル質だけが残っています。

この現象は単なる酸で歯が溶けるのが虫歯ということだけでは説明できません。
虫歯の電気化学説」によれば、イオン化傾向が象牙質>エナメル質 だから、です。

「虫歯の電気化学説」の要点はこちら。

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201107100002/

術前

_MG_0759.JPG

歯冠内部の象牙質は溶けてしまっている。

_MG_0762.JPG

バーは向こう側の隣接面まで届く。

_MG_0763.JPG

α-TCPセメントで覆髄して、

_MG_0767.JPG

CR充填、所要時間25分。

_MG_0771.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2015 All Rights Reserved.