コーヌス義歯の製作過程2.28

      2017/02/26

今日は晴れて、現場でセメントを練るには最高だったのですが、
午前中はコーヌス義歯の外冠を作っていました。
いいかげんに作らないと、患者さんに怒られそう^^;

午後からは現場に行きます。

口腔内の内冠の状態を作業模型上にトランスファーできましたので、

_MG_0898.JPG

分割の方法を考えます。
全部をワンピースで作ることは金属の液体から個体への状態変化に伴う収縮変形を補正することは今のところできないので、
分割して作るのですが、
今回は歯が無い部分で3ピースに分割して、後でテーパー・ピンで連結することにしました。
通常はロウ付けを選択するところが多いと思いますが、
ロウ付けはいろいろ試した結果、やはり変形が大きいので、
今は止めています。

カットして、

_MG_0901.JPG

連結部分を加工します。

_MG_0904.JPG

外冠のメタル部分をワックスで付け加えて、
ワックスアップは完成。

_MG_0913.JPG

咬合面観

_MG_0914.JPG

通法どおり、スプルーイングして、

_MG_0917.JPG

埋没。

_MG_0919.JPG

コーヌス内冠を外冠から外すときに必須の道具があります。
そのままの名前、コーヌス・プライヤー。

_MG_0921.JPG

 - 削らない・抜かない歯科治療, 義歯