コーヌス義歯の製作過程2.31

      2017/02/26

午前中に埋没した右側のコーヌス外冠は、
現場作業中にリング・ファーネスで焼却し、
現場から帰ってキャストしました。

IMG_1036.JPG

ところが、危うくキャストに失敗するところでした。(ビールを飲んだからかなw)
ランナーバーに少しメタルが入っていない部分があり、
ボタン部分には盛大に巣というか溶岩の様にメタルが沸騰した?跡があります。
多分、溶融金属の内部に溶けていない部分がある一方、
表面はオーバーヒートしていたのでしょう。

でもまあ、大きめのランナーバーが犠牲になって、
外冠本体には影響がありませんでした。(よかった。。)

内冠もスムーズに勘合しました。

IMG_1041.JPG

模型上には予想したよりも良い適合状態でした。ガタもまったくありません。

IMG_1051.JPG

咬合面観

IMG_1043.JPG

ピンジョイント部分もしっかり適合しています。

IMG_1045.JPG

来週口腔内で適合が良ければ、
右上の7番一本の製作に取りかかります。

もうすぐできますね^^/
このシリーズもあと5〜6回でしょう。
終わりが見えてきました。

 - 削らない・抜かない歯科治療, 義歯