今日の充填治療その265

      2017/02/26

20代女性、右下5、隣接面カリエス、自覚症状±。
所要時間35分。

1503161526.jpg

内部の象牙質だけが溶けるのは、「虫歯の電気化学説」によれば、
イオン化傾向が「エナメル質<象牙質」だからです。
酸で溶けるのなら、全部溶けるはず。
虫歯の中は酸産生菌の家になっているからだろうと思われるかもしれませんが、
細菌はあまりいません。

20150708 (1).JPG

隣りの歯を傷つけないように、ストリップで隔壁を作って、
咬合面からアクセス。
トンネリング技法と言われています。
麻酔は使っていません。

虫歯が見えた。

20150708 (4).JPG

虫歯はマージン付近だけ取ればよい。

20150708 (9).JPG

α-TCPセメントで覆とう

20150708 (10).JPG

CR充填後

20150708 (12).JPG

 - 削らない・抜かない歯科治療, 虫歯の電気化学説