歯科医院長mabo400のブログ

今日の矯正シリーズ82

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

11歳女子、右上2クロスバイト。
最初は口蓋側転位歯で床装置で口蓋側より押していましたが、
クロスになったら、そこで動かなくなりましたw
夏休みではあるし、咬合挙上させてもたもたするよりは、
ブラケットを装着して一挙にクロスバイトを改善することにしました。

歯科矯正治療は学部を出ただけでは、全く実践力は身に付いていないので、
矯正のできる歯医者は少ないのです。
もし矯正専門医ではなくても、MTM(小矯正、部分矯正)ができれば、
ずいぶんとできることが増えます。

一般歯科医はブラケットの種類すらどれを使っていいかも分らないのが現状ですので、
参考までに、ブラケットの注文番号を書いておきます。
もちろんこのとおりでなくてもかまいませんが、
僕が使っているのを揃えるだけで、最小限のことはできるようになると思います。
ブラケットを選ぶときの基準はその歯にあった形と大きさがあるのはもちろんですが、
前歯部は下顎用のちいさなものを上顎に使っても問題なくできます。
その程度のことではあります。
またスロットの幅は022”を使えば、大概の症例に対応できます。

1番:RMO C02000
2番:TOMY 920-26
3番:TOMY 920-34

ワイヤーは丸の014”

コスト削減のため、右上4、3と左上1、2、3、4は◯ーパーボンドで仮接着しています。
固定源を多く取るためです。

_MG_3276 のコピー.JPG

拡大

_MG_3274 のコピー.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2015 All Rights Reserved.