今日の何やっているの?シリーズ236

      2017/03/20

この方の治療もこれで終わりです。

外傷性咬合による急速進行型の歯周炎というものがあるのかどうか分りませんが、
他にもこういう症例を経験していますので、
できることはなんでもしました。

左上の3番が細身で犬歯誘導が無く、
4番で側方ガイドしていました。
確かに4番の歯槽骨の吸収は大きいです。

0915 (6).JPG

レントゲン写真

1509151249 のコピー のコピー.jpg

3番の口蓋側にCRで盛り上げ、
346のグループファンクションにしました。

0915 (15).JPG

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の何やっているの?シリーズ