今日の充填治療その283

      2017/03/20

40代男性、左下7インレーダツリ、左下5MBダツリ後2年間放置。

患者さん本人もおっしゃっていましたが、
ここのブログを読むと、今までの歯科医療に対する常識がガラガラと崩れていくのを感じるそうで、
ま、そうだろうと思います。
残念ながら、どこでも受けられる治療ではないのです。
常識外だからですw

でも、遠くから来る価値があると「よいしょ」してくださいましたw

レントゲン写真
1509290940.jpg

2本連続して治療しましたので、
1本1時間づつ2時間の治療でした。

左下7は裏装セメントがありましたので、
虫歯はそれ程ひどくはありませんでしたが、
ただ放置期間が長かった所為か、
上顎の歯が動いていて、調整に手間取りました。

正像

IMG_5618.JPG

鏡像

IMG_5613.JPG

裏装セメント除去後

IMG_5622.JPG

α-TCPセメントで覆とう

IMG_5630.JPG

CR充填後

IMG_5634.JPG

咬合調整後

IMG_5638.JPG

正像

IMG_5640.JPG

左下5はダツリ後の放置期間が長かったため、歯根が伸びた分溶けてしまって、
相対的に歯根が短くなってしまっています。

残念ながら手遅れでしたが、
気を取り直してCRで歯冠を作りました。

IMG_5620.JPG

軟化象牙質を除去し、
歯根内面にディンプルを形成し、ダツリへの抵抗形態を付与しました。

IMG_5647.JPG

歯根をCRで覆い、これを積み上げていきます。

IMG_5648.JPG

歯冠は全部CRで作りました。
こんなのが口腔内で作れるのなら、
CAD/CAMどころか、技工士も必要なくなるのです。

歯根が歯冠に対して相対的に短いので、
寿命は短いと思いますが、
大事にすればそれなりに長保ちするでしょう。

IMG_5656.JPG

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療