歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の何やっているの?シリーズ239

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日はいろんな意味でちょっとショックな症例を検討してみたいと思いますが、
何回かに分けるかもしれません。

現在20代女性、左上7自発痛+。
かかりつけの歯医者で抜歯と言われたのでうちに来た。

じつは7年前の高校生の時、初診でうちを訪れています。

2008/05/23
レントゲン写真

0805231620.jpg

上顎の7番は歯冠崩壊している。
主訴は右下7の自発痛だったと思う。

食生活の問題があって、それと多分オープンバイトの噛み合わせで7番が強く当たる傾向があって、
12歳で萌え始めた7番が5年後にはこうなってしまった。

上顎

20080523-1.JPG

下顎

20080523-2.JPG

歯周病の管理に入った同年12/8、
上下顎の7番は神経を取らずにCR充填しています。

残根なので、この時点で抜歯でもおかしくはないのですが、
定期管理が前提ではあるのですが、
CRで済ませました。

この後、うちには来なくなってしまって、7年経過してしまいました。

CR充填治療の詳細は後ほどアップ予定です。

上顎

20081208-1.JPG

下顎

20081208-2.JPG

7年後の昨日2015/9/30のレントゲン写真、

1509301059.jpg

かんたんな虫歯は全部メタルインレーになっている。
うちでは予防管理だけで、あえて削らなかったのだが。。

右上の7は抜歯になっていた。
経過を訊いたら1年くらい経って痛くなったので、
別の歯医者に行ったら抜かれたそうです。
うちに来ればなんとか抜かずに済んだとは思うのですが。。

右下7は神経を取っていて、CKになっている。

これは一般的な歯科治療の結果で、
技術的に問題があるわけではなく、
むしろちゃんとした治療だと感じました。

左下の56間には一塊のCR?が詰めてありますが、
たぶん別の歯医者でしょうw

今回の主訴の左上7のCRが破折していて、
内部が虫歯になっている。
通常の診断では保存は不可能だと思われますが、
どうでしょうか。。

患者さんは抜歯を覚悟していると言ってはいますが、
・・とりあえず、がんばってみますw

詳細は別途アップ予定。

上顎

20150930-1.JPG

下顎

20150930-2.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2015 All Rights Reserved.