歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その279.01

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

20代男性、左上6、温冷痛+

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201509010001/

この時のつづきと言いますか、
症状が取れなかったので、どうしたものか。。と考えていました。

側方運動時に3番の当たりが弱く、左上67が強く当たるのは確認していましたので、
外傷性の虫歯というのは気が付いていましたが、

IMG_6155.JPG

前回のCR充填時の画像を拡大して見てみると、

20150901 (7) のコピー のコピー のコピー.JPG

やはり、クラックらしき線が見えるような気がしないこともありません。
はっきりとは見えませんが。

前回は露髄していて歯髄症状が出ているのだろうと考えて、
露髄部分をα-TPCセメントで被覆することに重点をおいて治療しましたが、

露髄部分

20150901 (7).JPG

α-TPCセメントで覆とう後、

20150901 (8).JPG

もしクラックがあるのなら、
これではクラックをセメントで覆っているだけで、
クラックを通して電解質が侵入してくるのを防ぐことはできません。

20150901 (11).JPG

1ヶ月半以上も症状が取れないので、
再来院していただき、クラック対策を施してみることにしました。

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2015 All Rights Reserved.