歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療その280

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代女性、左上6 冷水痛+

荒川区在住のこの方に似ています。

でも、ずっと深刻ではないです。
クラックはありますが、クラックから虫歯になって露髄していたり、
温痛があったりまではしていません。
咬合も安定していますので、調整が難しくありません。

しかし、いつも上下の歯列が接触している「歯列接触癖:TCH」の持ち主のようでした。

_MG_7388.JPG

メタルインレーを除去して、

_MG_7389.JPG

裏装セメントを除去しても、まったく凍みません。
もちろん無麻酔です。
これは普通の虫歯とかではないという査証です。

_MG_7395.JPG

α-TCPセメントで覆とう後、
光量を落として見るとクラックが象牙質に達しているのがよく見えました。
この部分をCRで裏打ちします。

_MG_7401.JPG

CR充填後

_MG_7403.JPG

治療しながら、いろいろお話を訊いたり、咬合をチェックしてみると、
犬歯誘導はない、過去に当たっていた形跡もない。
まっさらの糸切り歯。

_MG_7398.JPG

やはりこの6番は側方運動時にがっちり咬んで動揺する程です。
で、犬歯誘導を付加し、

_MG_7410.JPG

側方運動で干渉する6番の遠心頬側咬頭の内斜面を削合して様子見です。

_MG_7414.JPG

これで改善しないときは補強冠とナイトガード作製予定です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2015 All Rights Reserved.