今日の充填治療166

      2017/03/20

40代女性、右上5、遠心隣接面カリエス、自発痛+

今日は仕事納めで午前中しか診療はなかったのですが、
3人続けて外傷性のカリエス(虫歯)のCR充填をしましたので、
お正月中はこれらをアップいたします。

外傷性というのは、歯ぎしり、噛み締め、硬い物が好きなどで、
歯牙に過度の外傷力が働き、クラック(ひび)が入り、
凍みたり、咬合痛が出るというものです。
さらにクラックからすき間腐食により虫歯が進行し、
最悪歯牙破折で抜歯になることがあります。

最近多いですね。
大人の外傷性のカリエス。

5番だけではなく、右隣の6番にも辺縁隆線にもクラック(ひび)があります。

5番の口蓋咬頭の外斜面にファセットがあり、
対合歯とはすれ違い咬合なので、
歯ぎしり時に頬側に押されるような外傷力が働くようです。

_MG_9906.JPG

インレーを外してみると、中心溝に添ってクラックが見えます。

_MG_9910.JPG

虫歯をある程度削除してみると、かなり深いところまでクラックが続いているのが分ります。

_MG_9915.JPG

やはり6番の隣接面にもカリエスがあります。
これは別途対応予定です。

_MG_9914.JPG

近心のクラックを追求するとエナメル質がチッピングしました。
止血確認後α-TCPセメントで覆とうし、

_MG_9917.JPG

CR充填しました。
これだけでは症状は取れないと思いましたので、
お正月明けに補強冠を作製する予定です。

_MG_9918.JPG

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療