歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ27

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

神戸在住40代女性、右上7、自発痛ー、フィステル+。

かかりつけの歯医者さんが突然引退宣言をされて、
去年の8月からこの状態。

それまでは正常に機能していたということですが、
詳細は不明。

IMG_0297.JPG

近くの大学病院を始め、新潟、東京と歯医者を点々とされたが、
保存は難しいという診断。

で、うちに来られたw

「死ぬまでもたせて欲しい!」

というご希望。

「う〜ん、、僕は抜くつもりはないし、最善の治療をしますが、僕が死んだら知りません。。」

としか言い様がないですw

レントゲンもパノラマやCTを含め散々撮られ、
これ以上被曝したくないということで、
他院で去年の10月に撮ったものが使えそうだったので、
それをお借りしました。

単純撮影ながらデジタルなのかエッジが強調されていて見やすい。
器具が折れ込んでおり、除去は困難。
膿瘍が歯根尖から歯冠側に大きく広がっており、歯槽骨はすでにかなりの部分が失われているように見える。
要するに通常は保存不可能という診断になります。

X156924-0000C578-1.JPG

残根に水硬性セメントで蓋をしてありますが、
どうでしょうか?
残根は口腔内でもっとも自然電位が低く、
陰極になり、勝手にドンドン溶けていきますので、
厳しいですね。
使える齒質は残っているでしょうか?

IMG_0310.JPG

今日は土曜日でうちは野戦病院化していて疲れましたので、
数回に分けてアップ予定です。
おやすみなさい♡

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2016 All Rights Reserved.