歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の何やっているの?シリーズ243

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代女性、左上7、歯根端膿瘍、動揺度1.5

自覚症状はないのですが、
CKを交換する機会がありましたので、
膿瘍をどうするか検討してみることにしました。

まずレントゲンでの14年前の初診時からの経過を見てみます。

2002/12/28
膿瘍はすでに出来ています。

0212281019.jpg

2005/06/07
すこし大きくなっているような気がします。

0506071105.jpg

2008/08/22
かなり大きくなって歯周ポケットと交通しそうになったので、

0808221017.jpg

2008/10/08
エンド治療をしました。
オブチュレーション法なので、
根尖にガッターが出ていますが、
これで正常です。

0810081121.jpg

2011/09/12
少しはちいさくなったような気もしますが、
なかなか治りませんね。
はみ出た根充材は膿瘍内の貪食細胞に食われたようで、
無くなっています。
これも正常な反応。

1109121125.jpg

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2016 All Rights Reserved.