歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療174

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代男性、右下6、遠心隣接面カリエス、冷水痛+

3年前のレントゲン写真でも虫歯が広がっているのが判る。

2013/11/25
1311250930.jpg

術前

20160126 (3).JPG

咬合面から虫歯にアクセス。

20160126 (6).JPG

まだまだ

20160126 (7).JPG

もう少し

20160126 (9).JPG

虫歯が歯肉縁上にくると一旦その進行は止まる。

歯肉縁上付近にカリエスフリーゾーンというの虫歯にならない部分があるのを歯医者は知っているが、
従来説ではその理由は説明できない。

電気化学説では、
虫歯はH+(水素イオン:プロトン)の齒質内外のイオン伝導の結果により起こるのだが、
歯肉はH+の伝導性が齒質より大きい(イオン伝導インピーダンスが低い)ので(、
歯肉によりH+が吸収され、齒質を流れるH+がバイパスされるためと説明できる。

スプーンエキスカでマージン部分に健全象牙質が出ていることを確認して、

20160126 (13).JPG

α-TCPセメントで覆とうし、

20160126 (16).JPG

CR充填した。
所要時間40分

20160126 (21).JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2016 All Rights Reserved.