歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の2次カリエスシリーズ33

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代女性、右上5、ときどき痛むことがある。

レントゲンでは覆とうセメントが浮いているように見え、
スライス面より歯根側にカリエスが広がっているように見える。

1602011539.jpg

見た目では問題なさそうに見える。

_MG_5660.JPG

メタルインレーはエキスカベータで押し上げると簡単に外れた。
スライス部分のマージン付近にすき間があったようだ、
FeS(黒色物質)が付着している。

_MG_5662.JPG

合着セメントに覆われているがその下にはカリエスがある。

_MG_5664.JPG

合着セメントの下の覆とうセメントはアパタイト系に見えたがほとんど溶けていた。
軟化象牙質をある程度除去したが、
これ以上取ると露髄するので、軟化象牙質は残した。
辺縁封鎖性を確実にするためマージン付近だけは新鮮歯質を確保している。

_MG_5668.JPG

α-TCPセメントで覆とう

_MG_5670.JPG

CR充填と咬合調整後

_MG_5675.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2016 All Rights Reserved.