歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の何やっているの?シリーズ248.3(接着性義歯)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代女性、左下6欠損

これが一番義歯らしい形をしています。
メタルのクラスプがありますのでw

ただし維持力(ダツリに抵抗する力)は接着剤に期待します。
ですから維持腕が不要で短い。

なぜかと言うと、ダツリして患者本人が気が付きやすいようにするためです。
接着性ブリッジはダツリしても気が付きにくく、
2次カリエスになるからです。

そんなことになるくらいなら、
ダツリした方がマシというものです。

・・この症例はちょっと前にご紹介した画像の続きとなります。

あらかじめ接着力の弱い金パラの冠を

e4987af98895948d22a270a360382209a7fd6163.13.2.9.2.jpg

CRに換えています。

852a5f9d6fedeaf422032c9ebcd3c9a4b299bc62.13.2.9.2.jpg

技工室で作って

IMG_9123.JPG

口腔内セット

_MG_6217.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2016 All Rights Reserved.