歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

コーヌス義歯のトラブル

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代女性、右上5、コーヌス内冠ダツリ

電話で、歯が抜けた、、とおっしゃるので、
ま、ともかくいらっしゃいということで、
見てみると、

_MG_7029.JPG

内冠が歯根からコア共ダツリしていました。

_MG_7031.JPG

歯が抜けているわけではありませんので、
再セットで終わりです。

_MG_7037.JPG

このコーヌス義歯は2011年10月頃の製作で、製作過程をアップしています。

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201110230001/

5年もするとたまにはダツリすることもあります。
でも対応はかんたんです。
そのままサンドブラスト処理だけで再セットできます。

歯根が破折したりし難いので、
残存歯は非常に長もちします。
まあ、一生モノです。

コーヌス義歯は適度な遊びとリジッド性をバランスさせることが重要で、
診療室作業も技工室作業も非常に高度なテクニックを必要とします。
特に技工室作業。

もう対応できる歯医者は少ないでしょうね。。
僕は両方できるので問題ないですがw

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2016 All Rights Reserved.