今日の抜歯再植術シリーズ35.01

      2017/03/20

50代女性、右下7、時々腫れ、押さえると膿が出る。

レントゲン写真で見ると、広汎な骨欠損というか、膿瘍で歯根が覆われているように見える。
近心根にはリーマーが折れ込んでいる。
一般的な歯科の診断基準では、
どこから見ても100%保存不可能の診断だと思う。
しかしうちでは保存治療を試みますし、
経験的には保存可能です。

1602101630.jpg

今日はそうでもないが、時折頬側にGA形成、フィステルが出現する。

IMG_8728.JPG

抜歯再植の前処置、
ポンテック部分は咬合に関与させないようにバイトダウンし、
遠心に鳩尾形の保持溝を形成する。
7番はブリッジから切り離し、除去用のスリットを入れる。

IMG_8729.JPG

クラウンを除去して、このままメタルコアが使用可能かどうか見る。

IMG_8730.JPG

残念ながら、遠心根のポストがダツリしていて、
歯根面がカリエスになっている。

しかも除去していくと破折線が見える。

IMG_8732.JPG

メタルコアを除去し、

IMG_8733.JPG

軟化象牙質を除去した。
←は破折線

IMG_8739.JPG

つづく

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の抜歯再植術シリーズ