歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療194.01(ダメ元編w)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代男性、右下6、CRハセツ、自覚症状なし

最初の初診時の2004年に髄床底に穴が開いている残根をCR充填した症例で、
レントゲンで経過を観察しています。
2〜3回でシリーズ化する予定ですので、
乞うご期待w

作日の1年に一度の検査時にCRのチッピングがあったので補修しました。

ほとんどフルカバリッジのCR充填で前回の補修は2012年でした。

IMG_9307.JPG

チッピング部分を除去すると歯肉にバーが当たって出血している。
冠部歯髄は無く、α-TCPセメントで厚めに覆とう?しています。
これ以上セメントを除去すると穿孔部分から出血すると思いましたので、
今回は症状は出ていませんので、ここまでで止めています。

IMG_9309.JPG

再度この上からα-TCPセメントを入れ、

IMG_9310.JPG

止血確認後、CR充填

IMG_9314.JPG

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2016 All Rights Reserved.