今日の充填治療203(上級編)

      2017/03/20

20代男性、左下5、メタルインレーの2次カリエス、自発痛-

レントゲンではインレー下は歯質が失われているが、
痛みはない。
軟化象牙質でイオン伝導が遮断されているのだろう。
軟化象牙質のイオン電導性は健全歯質のそれよりも低いと思われるからだ。

虫歯の痛みはガルバニック電流(腐食電流)による歯髄神経の刺激による。
このことは知られていないが、
この100年に渡る歯科医師の怠慢によるものだ。
虫歯は細菌感染症だとか盲目的に信じ、思考停止していることがその背景にある。

虫歯はハイドロキシアパタイトの電気化学的な腐食による純粋な物理現象だ。

レントゲン写真では歯冠内部の象牙質はほとんど失われている。

1601051000.jpg

舌側面観、
虫歯はないようにも見えるが、
クラックが入っている。

_MG_1862.JPG

インレーを外すと内部はひどい虫歯だ。

_MG_1864.JPG

軟化象牙質を除去する過程で痛みを感じる。
歯髄は生きているようだ。
もちろん麻酔はしない。
痛みはこれ以上削る必要がないことを示す重要なセンサーだ。

_MG_1872.JPG

歯肉縁下2mmだがなんとか止血して覆とうした。

_MG_1875.JPG

CR充填後。
専門家程どうやってこういうCR充填ができるのか分からないと思う。
ふつうはよくて神経を取ってクラウンを被せる。
儲け主義の歯医者は抜いてインプラントにするしかないと言うかもしれない。
レントゲンにもインプラントが写っていますねw

_MG_1879.JPG

舌側面観

_MG_1880.JPG

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療