虫歯管理失敗例 (2)

      2017/02/26

虫歯の管理は
唾液検査の結果に基づき、
なるべくすぐには削らずに
温かい眼で見守ることなのですが、
どうにもならない場合もあるのです。

画像は8歳女子、
2007年8月、
右下6番の咬合面の虫歯を1年間削らずに我慢しましたが、
とうとう充填処置しました。
IMG_5876-1.JPG IMG_5878-2.JPG

その1年4ヵ月後、
同じ歯の近心隣接面に穴が開いてしまいました。

今回のこの虫歯は上の写真の2007年8月の段階では存在していないものです。

なのにもう、虫歯が神経に届きそう、、、あぁぁ、、、。
3-MIX併用でCR充填しました。
IMG_1257-3.JPG IMG_1260-4.JPG IMG_1261-5.JPGIMG_1262-6.JPG

うちではこういう例は少ないのですが、
おやつ食べ放題とか、
重曹洗口をサボるとか、
そういう子です。

この子はミュータンス菌はclass2と確かにやや多めではあるのです。
、、が!!、そのことと虫歯が急速に進行することとは、
本来、イコールではありません。

このような急速な虫歯の進行は
だらだら喰い、ちょこっと喰い、といった食習慣に原因があるようです。
横でお母さんに小突かれていました(-“-;)

こういう症例は歯医者としては悲しいものです。

 - 削らない・抜かない歯科治療, 虫歯予防等一口メモ