歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の充填治療223(上級編)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

20代女性、左上6、CRの2次カリエス、症状無し

関西地区在住の方でいきなりお電話をいただいて、
詳細が分からぬままお引き受けしたのですが、
いろいろと厳しい状況でした。

1608061746.jpg

このCR充填は接着性は最初からない、または失われていて、
CRと歯質の間には嫌気性の硫化物還元細菌の繁殖に適した空間ができていたようで、
内部はFeSに覆われていて、真っ黒だった。

IMG_0068.JPG

FeSは虫歯ではないので、敢えて除去する必要はない。

IMG_0078.JPG

その周りは軟化象牙質(虫歯)になっていて、
エナメル質しか残っていない。
内部の象牙質はほとんど溶けている。

この症例が難しいわけは、
一番深いところの歯肉縁上のエナメル質は象牙質の裏打ちがなく、
チッピングしてしまうところにある。

IMG_0087.JPG

CR充填後
所要時間60分

IMG_0092.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2016 All Rights Reserved.