歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の何やっているの?シリーズ281

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代女性、左上67、違和感

なんとなく気になる。

レントゲン写真では6番の遠心に虫歯があるようにも見える。
7番の近心口蓋側の歯周ポケットは7mmあって、
歯根破折かと思ったのですが、

201608031140.jpg

冠除去前

IMG_9905.JPG

冠を除去するとメタルコアが見える。
6番の遠心には虫歯が見える。

IMG_9908.JPG

コアを除去する前に6番のカリエスをCR充填することにした。

IMG_9910.JPG

フィニシングラインに新鮮歯質を確保して

IMG_9913.JPG

CR充填した。
α-TCPセメントは使っていない。
再石灰化(再結晶)はしないが、問題はない。

IMG_9914.JPG

メタルコアを除去すると、内部はFeSで真っ黒、セメントの合着生は失われ、硫酸塩還元細菌の生息環境になっていた。
硫化水素系(チオール類)と思われる口臭が感じられる。いわゆる虫歯の匂いだ。

IMG_9917.JPG

FeSやセメントだけではなくCR充填されていたので、
CRを除去すると随床底に大きな穴というか、歯根壁が失われていた。
この治療をした前の歯医者さんはがんばったのだな、、と思った。

この部分が実質的に歯周ポケットが深くなっている原因で、
違和感として感じられていたと思われる。

IMG_9923.JPG

根管口にα-TCPセメントを充填して、

IMG_9928.JPG

CRで穴を埋めて、CRコアを築成した。

IMG_9930.JPG

つづく(?)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2016 All Rights Reserved.