今日の何やっているの?シリーズ301

      2017/03/20

東京在住30代女性、食べられない、顎関節症がひどい

いつも下顎が不安定で、どこで咬んでよいのか判らない。
中心咬合位が無くなっていると言ったら歯医者さんには判るかもしれない。
どうしてこうなったかはよく解らないが、この現状をどうにかしたいと思う。
ご本人もどうにかしたいと思い、遠くから来られた。

口腔内写真を撮ってみると、
奥歯が咬んでいない。

特に右側に上下の歯列間の隙き間が多い。
奥歯に無理矢理咬もうとすると、下顎が後方に動くしか無く、顎関節の負担が増す。

IMG_2636.JPG

正面観をよく見てみると、下顎が右に傾いているというより、上顎の歯が短いようにも見える。
まあ、これは相対的な話しなのかもしれない。

IMG_2637.JPG

左側は上下の隙き間は少ないが上顎小臼歯の口蓋咬頭が無い。
どういうことなのかよく解らないが改善することにした。
楕円部分。

IMG_2638.JPG

調整中に左下67の仮歯がダツリした。
左下6は歯根が近遠心に分離していたので、セメントが利いていなかった。
このままではこの歯は虫歯で溶けてしまうので、CRで接着し、ついでに仮に歯冠を修復することにした。

IMG_3091.JPG

鏡像

可及的に軟化象牙質を除去

IMG_3100.JPG

正像

ボンディング処理中

IMG_3101.JPG

1次CR

IMG_3102.JPG

周囲からCR築成

IMG_3103.JPG

この後の築成は7の仮歯をセットしてから

IMG_3104.JPG

7の仮歯を仮着して6も高さを合わせた

IMG_3106.JPG

鏡像

IMG_3114.JPG

奥歯を高く調整した。
この他にも色々な問題点があると思うが、今日はここまで。
しばらく様子見。
処置時間2.5時間

右側

IMG_3109.JPG

正面観

IMG_3110.JPG

左側

IMG_3111.JPG

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の何やっているの?シリーズ